So-net無料ブログ作成

子牛で開墾プロジェクト番外編 子牛の様子をうかがいに行く [旅行]

子牛で開墾プロジェクトは、
山梨の傾斜地の耕作放棄地対策として、
厄介者扱いされるホルスタイン種の雄の子牛を
夏の間放牧し、雑草を食べてもらおうという企画。

子牛で開墾プロジェクト第1日目は電気柵を設置した。
その後、子牛が無事耕作放置に入ったとの話を聞き、
ぶどう狩りがてらその様子をうかがいに行った。

DSC_0013
お、電気柵に注意書き。

DSC_0033
いた!
草の陰からこちらの様子を伺う子牛。
子牛は最初から人に慣れているわけではないという。

DSC_0024
背の高さ以上に育った夏草の陰から2頭目も顔を出す。
むしゃむしゃ、むしゃむしゃ、とにかく草を食べている。
冬までにはちゃんと草を食べ尽くすというからたいしたものだ。

DSC_0014
周囲のぶどう農家さんが与える摘果したぶどうの粒も食べる。
ぶどうビーフ?

しばらく子牛たちを眺めて、満足して帰京。

【ご参考】第2回「子牛で開墾」ツアーのご案内 (NPO法人農商工連携サポートセンター)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。