So-net無料ブログ作成
検索選択

アリー・コンディ 『カッシアの物語』 [読書]

カッシアの物語

カッシアの物語


厳しい環境的制約の中、
人が過ちを起こさず、健康的に生きるために、
結婚を含む多くの人生の要素が
「ソサイエティ」に管理された未来・・・。

『カッシアの物語』はそうした世界の中に生きる
17歳の少女を主人公としたラブ・ストーリー

設定は、ジョージ・オーウェルの『1984年』を彷彿とさせるが、
それよりは少し若者向けに軽くなっており、
また、自由の大切さと自由に伴う責任ということを感じさせる意味では、
少し教育的な要素を含んでいるのかも知れない。

果たして個人、特に若者に失敗するチャンスを与えない社会というものの
行き着く先はどこにあるのだろうか。


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

  • 作者: ジョージ・オーウェル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/18
  • メディア: 文庫

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。