So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマザキマリ 『テルマエ・ロマエ』Ⅴ [読書]

テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)

  • 作者: ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: コミック
The volume 5 of comics "THERMAE ROMAE" in now on sale.
The story is running into a climax !!

ヤマザキマリさんの漫画『テルマエ・ロマエ』ももう第5巻。

なぜか現代日本へのタイムスリップを繰り返すことになった
古代ローマの建設技師ルシウス。

持ち前の理解力と柔軟性、仕事への情熱で
現代日本の風呂文化を吸収し、ローマの浴場を発展させてきたが、
第5巻では長期間古代ローマに帰れなくなり、
そこで古い"伊藤"温泉街の高齢化と経営悪化につけこんだ
暴力団による再開発話に巻き込まれることになる。

新しい技術を求める一方で、伝統的な文化も残したい。
ルシウスの思いは、古代ローマと現代日本の
温泉地を変えることが出来るのか。
ルシウスの仕事への情熱は周囲を巻き込み、
新しい恋も、馬も、戦車も走り出す...。


1点気になったのは、ルシウスのこの台詞。
腰痛に効く湯...
要するに この国では
温泉は医療の一環でも
あるということか...」

ここについては、
では、日本の温泉医学が世界最先端かというと、
現在読んでいる本によると、
日本の学会では研究分野が細分化する中で、
トータルな温泉療法の視点からの政策提言ができなくなり、
研究・医療拠点も廃止の一途。
一方で、ドイツ、フランス、イタリアでは、
こちらも予算の関係で制度が縮小される傾向があるものの、
温泉療法がきちんと医学の中に位置づけられ、
健康保険の適用対象になっているということだ。

医療や予防医学に、日本の温泉療法の伝統をどう位置づけ、
国を健康で元気に、しかも、世界に売っていくか。
こういうことも温泉立国プロジェクトの中で考えていきたいと思う。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 2

たかれろ

映画を見てきましたが、面白かったです(^^
掘りの深い顔の役者を揃えた点が秀逸ですw
by たかれろ (2012-10-08 01:03) 

sonata

>たかれろさん
映画は、日本人で古代ローマ人を演じているのがおもしろかったですね。コミックもお薦めですよ!
by sonata (2012-10-08 18:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。