So-net無料ブログ作成
検索選択

仕舞 『融』 [能]

DSC_0032

舞台は京都の六条河原の院。
むかし六条河原に住み暮らし、
栄華を誇った左大臣源融(みなもとのとおる)の霊が
旅の僧の前に現れ、月を愛で、
在りし日の風流な酒宴遊舞を懐かしむ。


それは西岬(さいしう)に
入日の未だ近ければ
其の影に隠さるる
譬へば月の有る夜は
星の淡き(うすき)が如くなり

青陽の春の初には
霞む夕べ遠山
黛(まゆずみ)の色に三日月の
影を舟にも譬へたり

又水中(すいちう)の遊魚は
鉤(つりばり)と疑ひ
雲上(うんしょう)の飛鳥(ひちょう)は
弓の影とも驚く
一輪も下らず
萬水も上(のぼ)らず

鳥は池辺(ちへん)の樹(き)に宿し
魚は月下の浪に臥す
聞くとも飽かじ秋の夜の
鳥も鳴き
鐘も聞こえて
月もはや

影傾きて明方(あけがた)の
雲となり雨となる
此の光陰に誘われて
月の都に入り給ふよそおひ
あら名残惜しの面影や
名残惜しの面影


美しい詩句だが、
シテの謡(下線部)が多く、長い。
体力と記憶が保つだろうか・・・。


仕舞 『高砂』 [能]


Image398~00



げに様々の舞姫(まいびめ)の
(*)も澄むなり住の江の
松影も映るなる
青海波(せいがいは)とはこれやらん

神と君との道直(すぐ)に
都の春に行(ゆ)くべくは
それぞ環城楽(げんじょうらく)の舞

さて萬歳(ばんぜい)の
小忌衣(おみごろも)

さす腕(かいな)には悪魔を攘(はら)ひ
(*)むる手には壽福(じゅふく)を抱き

千秋楽には民を撫(な)で
萬歳楽には命を延(の)ぶ
相生(あいおい)の松風

颯々(さっさん)の声ぞ楽しむ
颯々(さっさん)の声ぞ楽しむ


(下線部はシテの謡、*部は本来は旧字体、
 颯々の最後は「ん」と「む」の中間)


続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『熊坂』から『半蔀』へ [能]

仕舞の稽古は、自慢の長刀で義経を追いかけ回す
(が、義経の超人的な身軽さに翻弄される)
大盗賊”熊坂”を演じる『熊坂』が一応終わり、
『半蔀(はじとみ)』に入った。

『熊坂』は半年以上経っても全然できていないのだが、
一応通して舞えるようになったところで、
先生ももう諦めた(飽きられた)のだろう。
夏の暑い時期に激しく舞わなくてよくなったのは助かるが、
何とも情けない、ていたらくである。

『半蔀』は『源氏物語』の「夕顔」の巻を題材にした曲目。
仕舞どころは、後場、夕顔の亡霊が思い出語りに
光源氏が京の五条あたりで夕顔に出会う場面を演じる場面である。

♪ 猶(なお)それよりも忘れぬは、
 源氏此の宿を見初め給ひし夕つ方(ゆうつかた)
 惟光を招き寄せ、「あの花折れ」と宣(のたま)へば・・・

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「立つ」ということ [能]

・体の軸と重心を意識して。
 天井から糸で吊られているように。
 どの方向から押されても
 ぱたっと倒れないように。

仕舞の稽古の時に、
先生から何度も注意されることである。

続きを読む


仕舞「舟弁慶」後段 ~難しい仕草~ [能]

そろそろ「舟弁慶」も所作の流れをつかんできた、
もうすぐ稽古も終わりかな・・・と思っていると、
先生がにこやかに、
「じゃあ、仕上げに演出を二カ所加えましょう」
とおっしゃる。

1カ所は、知盛が名乗り終わった後、
「あら珍しや、いかに義経、思ひも寄らぬ浦波の」
というところで、薙刀を右手に持って半ビラキという所作をしながら、
観客席の右半分を見渡すように顔を巡らす。

もう1カ所は、そのすぐ後、
「又義経をも海に沈めんと夕波に浮かめる薙刀取り直し、
巴波の紋あたりを払ひ」と目付柱に向かうところで、
周りを右ー、左ー、右、左、右と睥睨する。

両方とも動きながらの顔の面の演技であり、
油断すると目を動かすだけで終わってしまうが、
本来、能は面を付けているはずなので、
視線を動かしているだけでは観客に見えないし、
自分も面の目の穴の狭い視界ではあたりを見回せない。

ということで、
「周りの景色を見ようとせず、
鼻がピノキオのように伸びていて、
その先をずっと見ているつもりで」
「顔がレーダーのアンテナであるように」
右左と顔の角度をちゃんとつけるように、とのこと。

・・・。

いや、顔以外を動かしていないときなら、
ちゃんとできるんですけどね・・・。


船弁慶から熊坂へ [能]

仕舞の稽古は、ようやく「舟弁慶(後段)」が通しで稽古できるようになりつつある。

稽古を始めたのが昨年10月だから、9ヶ月もかかって、
頭ではないけれど、ようやく体で覚えてきたということだろうか・・・。

昨年10月の記事、「仕舞『船弁慶』の薙刀」
http://nothingiswhatitseems.blog.so-net.ne.jp/2007-10-28

通しで舞うと、舞納めの「しとめ」が終わったときには、
息が上がって、汗が滝のように流れている。

これまで何か間違えて、先生に途中でストップをかけられていたから、
それが適度な休憩になっていたのだろう。

運動不足、体力の低下・・・情けない話である。

そういう弟子の心の中のつぶやきを知ってか知らずか、先生は、

「うん、これなら来月には次に移れるね。
同じ長刀をつかう『熊坂』をやりましょう。
これはハードだよー。
空中で2回転半くらいしながら、
長刀をしごくからね。体力付けておいてね。
山賊退治、メタボ退治~♪」

と、のたまう。

・・・ということで、これから毎日、ふみふみ健康器である。

 

続きを読む


nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謡 「湯谷」 ~ニブい男~ [能]

Image157.jpg

謡の稽古は、先月から「湯谷」に入った。

この謡、複雑な心理表現を要する難曲のようである。

故郷の母の病を知りながら、
時の権力者に強く愛され、
長きにわたって都に引きとどめられている女(湯谷)。

いよいよ病が重くなり、
遠い故郷で娘の帰りを待ち望む老母。

女の事情は知りつつも、
なぜか「この春ばかり」の花見に、
彼女を伴うことに執着する平家の総領息子(宗盛)。

絡みあう事情と感情を乗せ、
宗盛の花見の一行は、
春も盛りの美しい都路を
清水寺に向かって進んでいく・・・。

 

続きを読む


仕舞「船弁慶」(後)途中経過(2) 目が回る、薩摩琵琶、血色の海 [能]

「船弁慶」(後)もようやく最後の場面に到達。

(・・・といっても動作を習っていくのが最後ということで、
今後は動作がきちんと「演技」になるための稽古の繰り返しに入っていく。)

渾身の力を込めた長刀の一撃も義経に歯が立たず、
義経を守る弁慶の法力に押されて、徐々に平知盛の幽霊は勢いを失う。
これを見た弁慶は、荒れる海を避け、舟を岸に寄せようと漕ぎ手を励ます。
長刀を捨てた知盛は刀を抜き放ち、
義経の舟に乗り込み、最後の攻撃を試みる。
ぶつかり合う刀、そして義経の反撃。
そして舟が岸に近くなり、沖を振り返れば幽霊は波間へと沈んでいく・・・。

シテの所作で、最後の刀の一撃を義経に見事に受けられ、
あまつさえ反撃された知盛が、「やられたー!」という感じで、
義経の前で3度回るところがある。
くーーる、くる、くる。
どうもここで、ひどく目が回る。
まだまだ闘志をみせないといけないのに、
体は、ふらふら、ふらふら。
おもわず苦笑い。
今度は体調を整えて稽古に臨もう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仕舞「船弁慶」(後)途中経過 [能]

仕舞「船弁慶」(後)の稽古が全然進まない。
というより、復習もできておらず、
すっかり舞の所作を忘れ、後退することも。

さっき、気になって過去のブログをさかのぼったら、
仕舞「船弁慶」(後)の稽古を始めたのは10月。
もう4ヶ月が過ぎようとしている。
昔から物忘れはいいのだが、それにしてもひどい。

色々言い訳を考えてみると、理由の一つが、
「船弁慶」(後)でシテが舞う
“平知盛の幽霊”への感情移入のしにくさがあるように思う。

そもそも、源義経と激戦を繰り広げ、壇ノ浦の合戦で
「見るべき程の事は見つ。今は自害せん」
と鎧を二枚重ね、自ら海に入った平家最後の勇将、知盛が、
兄頼朝に疎まれ、落魄の亡命生活に入ろうとする義経主従の前に、
なぜ今更未練がましく幽霊となって現れ、
戦いを挑まなければならないのか。

知盛だったら、弱った義経よりも、
今おいしい思いをしている頼朝を狙うのが自然ではないのか。

続きを読む


仕舞「船弁慶」の薙刀 [能]

苦節半年以上かけてようやく仕舞「自然居士」を終え、次の課題「船弁慶」へ。

源義経は、あまりの活躍に、兄・頼朝とその家臣団に危険視され、謀反の嫌疑をかけられる。兄弟同士の戦いを避けようと、西国に向けて船出すると、空は一転かき曇り、激しい嵐が巻き起こる。荒れる波間から浮かび上がってきたのは、義経に討たれた平知盛をはじめとする平家の一門の怨霊。薙刀を持ち、義経・弁慶主従に襲いかかる知盛・・・。

初回の稽古は、薙刀(を木で模したもの)の扱いの練習に終始。

1.きちんと掻い込んで立つ。

2.シカケヒラキの時は正面に刃を向け続けるように、薙刀は右手で刃のすぐ下の部分の柄を握り、角度を変えずに上下前後平行移動させる。ただし動いている間は、右手は高く掲げ、止まるときに右足先近くに石突(?)を「トン」と置く。
(師曰く「止まっているときは地面に30センチ突き刺さっている(それをまっすぐ引き抜いてから動き、止まればまた突き刺す)とイメージして」)

3.戦闘に入れば、振り回すのではなく、体の軸を回転させる。薙刀は常に体に引きつけ、腰と肩が作る面に対して平行に上下動、回転するのみ。

それにしても、体が動いても刃を正面に向け続けようと意識すると、右肩と上腕部はかなり苦しい。戦闘に入れば、作り物とはいえ、薙刀の重みに自分が振り回されそうになる。

「船弁慶」、かなり時間を要しそうだ。

船弁慶

船弁慶

(ついでに・・・)
「自然居士」の稽古の最後の回だけは、突然、力が抜け、「次の動作は何?」といったような意識がほぼなくなった。師の謡のリズムと詞に乗せられて、情景を感じながら、ただ自分を見ている「自分」に見せる感じで、舞うことが出来た。ただただこのままずっと舞っていたくなるような、不思議な気持ちよさだった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。